おすすめピックアップ!

気に入ってる東方画像を貼るスレ

1
1


2
2

3
3

4
4

5
5

6
6

7
7

8
8

9
9

10
10

11
11

12
12

13
13

14
14

15
15

16
16

17
17

18
18

19
19

20
20

21
21

22
22

23
23

24
24

25
25

26
26

27
27

28
28

29
29

30
30

31
31

32
32

33
33

34
34

35
35

36
36

37
37

38
38

39
39

40
40

41
41

42
42

43
43

44
44

45
45

46
46

47
47

48
48

49
49


おすすめ新着記事
おすすめエロ画像・エロ動画・エロ同人
新着エロ画像・エロ動画・エロ同人
37 Responses to “気に入ってる東方画像を貼るスレ”
  1. ジョン・スミス より:

    東京のやついいな

  2. ジョン・スミス より:

    上に同じ
    こういのもええなぁ

  3. ジョン・スミス より:

    お前ら例大祭行けよ。

  4. ジョン・スミス より:

    東方厨きも

  5. ジョン・スミス より:

    やはりにとりはかわいい

  6. ジョン・スミス より:

    地方在住者には泣きイベントであることが多い例大祭
    来年こそは…

  7. ジョン・スミス より:

    ※4
    アンチ冷えてるかー?

  8. 名無し より:

    高円寺わかりすぎる

  9. ジョン・スミス より:

    最後の方のやつ
    渋谷とかのやつええな

  10. ジョン・スミス より:

    本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴローニャが一撃死、後続も勢いを見せず惨敗だった
    スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「やはりインフレがな・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカップ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環境で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴローニャが一撃死、後続も勢いを見せず惨敗だった
    スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「やはりインフレがな・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカップ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環境で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴローニャが一撃死、後続も勢いを見せず惨敗だった
    スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「やはりインフレがな・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカップ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環境で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴローニャが一撃死、後続も勢いを見せず惨敗だった
    スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「やはりインフレがな・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカップ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環境で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴローニャが一撃死、後続も勢いを見せず惨敗だった
    スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「やはりインフレがな・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカップ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環境で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った

  11. ジョン・スミス より:

    本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴローニャが一撃死、後続も勢いを見せず惨敗だった
    スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「やはりインフレがな・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカップ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環境で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れてってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴローニャが一撃死、後続も勢いを見せず惨敗だった
    スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「やはりインフレがな・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカップ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環境で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴローニャが一撃死、後続も勢いを見せず惨敗だった
    スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「やはりインフレがな・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカップ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環境で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴローニャが一撃死、後続も勢いを見せず惨敗だった
    スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「やはりインフレがな・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカップ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環境で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴローニャが一撃死、後続も勢いを見せず惨敗だった
    スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「やはりインフレがな・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカップ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環境で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った

  12. ジョン・スミス より:

    本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴローニャが一撃死、後続も勢いを見せず惨敗だった
    スタジアムに響くフンのため息、どこからか聞こえる「やはりインフレがな・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカップ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環境で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れてってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴローニャが一撃死、後続も勢いを見せず惨敗だった
    スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「やはりインフレがな・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカップ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環境で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴローニャが一撃死、後続も勢いを見せず惨敗だった
    スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「やはりインフレがな・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカップ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環境で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴローニャが一撃死、後続も勢いを見せず惨敗だった
    スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「やはりインフレがな・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカップ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環境で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴローニャが一撃死、後続も勢いを見せず惨敗だった
    スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「やはりインフレがな・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカップ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環境で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った

  13. ジョン・スミス より:

    本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴローニャが一撃死、後続も勢いを見せず惨敗だった
    スタジアムに響くフンのため息、どこからか聞こえる「はりインフレがな・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカップ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環境で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れてってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴローニャが一撃死、後続も勢いを見せず惨敗だった
    スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「やはりインフレがな・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカップ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環境で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴローニャが一撃死、後続も勢いを見せず惨敗だった
    スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「やはりインフレがな・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカップ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環境で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴローニャが一撃死、後続も勢いを見せず惨敗だった
    スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「やはりインフレがな・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカップ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環境で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴローニャが一撃死、後続も勢いを見せず惨敗だった
    スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「やはりインフレがな・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカップ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環境で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った

  14. ジョン・スミス より:

    本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴローニャが一撃死、後続も勢いを見せず惨敗だった
    スタジアムに響フンのため息、どこからか聞こえる「はりインフレがな・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカップ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環境で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れてってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴローニャが一撃死、後続も勢いを見せず惨敗だった
    スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「やはりインフレがな・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカップ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環境で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴローニャが一撃死、後続も勢いを見せず惨敗だった
    スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「やはりインフレがな・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカップ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環境で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴローニャが一撃死、後続も勢いを見せず惨敗だった
    スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「やはりインフレがな・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカップ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環境で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴローニャが一撃死、後続も勢いを見せず惨敗だった
    スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「やはりインフレがな・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカップ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環境で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った

  15. ジョン・スミス より:

    本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴローニャが一撃死、後続も勢いを見せず惨敗だった
    スタジアムに響フンのため息、どこからか聞こえる「はりインフレがな・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカッ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環境で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れてってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴローニャが一撃死、後続も勢いを見せず惨敗だった
    スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「やはりインフレがな・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカップ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環境で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴローニャが一撃死、後続も勢いを見せず惨敗だった
    スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「やはりインフレがな・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカップ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環境で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴローニャが一撃死、後続も勢いを見せず惨敗だった
    スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「やはりインフレがな・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカップ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環境で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴローニャが一撃死、後続も勢いを見せず惨敗だった
    スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「やはりインフレがな・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカップ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環境で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った

  16. ジョン・スミス より:

    本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴローニャが一撃死、後続も勢いを見せず惨敗だった
    スタジアムに響フンのため息、どこからか聞こえる「はりインフがな・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカッ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環境で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れてってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴローニャが一撃死、後続も勢いを見せず惨敗だった
    スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「やはりインフレがな・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカップ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環境で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴローニャが一撃死、後続も勢いを見せず惨敗だった
    スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「やはりインフレがな・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカップ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環境で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴローニャが一撃死、後続も勢いを見せず惨敗だった
    スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「やはりインフレがな・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカップ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環境で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴローニャが一撃死、後続も勢いを見せず惨敗だった
    スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「やはりインフレがな・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカップ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環境で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った

  17. ジョン・スミス より:

    本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴローニャが一撃死、後続も勢いを見せず惨敗だった
    スタジアムに響フンのため息、どこからか聞こえる「はりインフがな・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカッ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れてってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴローニャが一撃死、後続も勢いを見せず惨敗だった
    スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「やはりインフレがな・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカップ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環境で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴローニャが一撃死、後続も勢いを見せず惨敗だった
    スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「やはりインフレがな・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカップ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環境で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴローニャが一撃死、後続も勢いを見せず惨敗だった
    スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「やはりインフレがな・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカップ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環境で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴローニャが一撃死、後続も勢いを見せず惨敗だった
    スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「やはりインフレがな・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカップ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環境で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った

  18. ジョン・スミス より:

    本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴローニャが一撃死、後続も勢いを見せず惨敗だった
    スタジアムに響フンのため息、どこからか聞こえる「はりイフがな・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカッ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れてってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴローニャが一撃死、後続も勢いを見せず惨敗だった
    スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「やはりインフレがな・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカップ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環境で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴローニャが一撃死、後続も勢いを見せず惨敗だった
    スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「やはりインフレがな・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカップ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環境で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴローニャが一撃死、後続も勢いを見せず惨敗だった
    スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「やはりインフレがな・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカップ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環境で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴローニャが一撃死、後続も勢いを見せず惨敗だった
    スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「やはりインフレがな・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカップ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環境で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った

  19. ジョン・スミス より:

    本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴローニャが一撃死、後続も勢いを見せず惨敗だった
    スタジムに響フンのため息、どこからか聞こえる「はりイフがな・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカッ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れてってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴローニャが一撃死、後続も勢いを見せず惨敗だった
    スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「やはりインフレがな・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカップ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環境で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴローニャが一撃死、後続も勢いを見せず惨敗だった
    スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「やはりインフレがな・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカップ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環境で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴローニャが一撃死、後続も勢いを見せず惨敗だった
    スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「やはりインフレがな・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカップ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環境で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴローニャが一撃死、後続も勢いを見せず惨敗だった
    スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「やはりインフレがな・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカップ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環境で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った

  20. ジョン・スミス より:

    本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴローニャが一撃死、後続も勢いを見せず惨敗だった
    スタジムに響フンのため息、どこからか聞こえる「はりイフが・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカッ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れてってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴローニャが一撃死、後続も勢いを見せず惨敗だった
    スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「やはりインフレがな・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカップ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環境で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴローニャが一撃死、後続も勢いを見せず惨敗だった
    スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「やはりインフレがな・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカップ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環境で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴローニャが一撃死、後続も勢いを見せず惨敗だった
    スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「やはりインフレがな・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカップ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環境で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴローニャが一撃死、後続も勢いを見せず惨敗だった
    スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「やはりインフレがな・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカップ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環境で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った

  21. ジョン・スミス より:

    本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴローニャが一撃死、後続も勢いを見せず惨敗だった
    スタジムに響フンため息、どこからか聞こえる「はりイフが・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカッ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れてってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴローニャが一撃死、後続も勢いを見せず惨敗だった
    スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「やはりインフレがな・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカップ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環境で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴローニャが一撃死、後続も勢いを見せず惨敗だった
    スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「やはりインフレがな・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカップ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環境で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴローニャが一撃死、後続も勢いを見せず惨敗だった
    スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「やはりインフレがな・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカップ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環境で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴローニャが一撃死、後続も勢いを見せず惨敗だった
    スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「やはりインフレがな・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカップ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環境で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った

  22. ジョン・スミス より:

    本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴローニャが一撃死、後続も勢いを見せず敗だった
    スタジムに響フンため息、どこからか聞こえる「はりイフが・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカッ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れてってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴローニャが一撃死、後続も勢いを見せず惨敗だった
    スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「やはりインフレがな・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカップ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環境で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴローニャが一撃死、後続も勢いを見せず惨敗だった
    スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「やはりインフレがな・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカップ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環境で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴローニャが一撃死、後続も勢いを見せず惨敗だった
    スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「やはりインフレがな・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカップ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環境で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴローニャが一撃死、後続も勢いを見せず惨敗だった
    スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「やはりインフレがな・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカップ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環境で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った

  23. ジョン・スミス より:

    本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦先鋒ゴローニャが一撃死、後続も勢いを見せず敗だった
    スタジムに響フンため息、どこからか聞こえる「はりイフが・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカッ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れてってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴローニャが一撃死、後続も勢いを見せず惨敗だった
    スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「やはりインフレがな・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカップ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環境で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴローニャが一撃死、後続も勢いを見せず惨敗だった
    スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「やはりインフレがな・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカップ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環境で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴローニャが一撃死、後続も勢いを見せず惨敗だった
    スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「やはりインフレがな・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカップ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環境で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴローニャが一撃死、後続も勢いを見せず惨敗だった
    スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「やはりインフレがな・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカップ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環境で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った

  24. ジョン・スミス より:

    本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴーニャが一撃死、後続も勢いを見せず敗だった
    スタジムに響フンため息、どこからか聞こえる「はりイフが・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカッ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れてってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴローニャが一撃死、後続も勢いを見せず惨敗だった
    スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「やはりインフレがな・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカップ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環境で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴローニャが一撃死、後続も勢いを見せず惨敗だった
    スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「やはりインフレがな・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカップ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環境で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴローニャが一撃死、後続も勢いを見せず惨敗だった
    スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「やはりインフレがな・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカップ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環境で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴローニャが一撃死、後続も勢いを見せず惨敗だった
    スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「やはりインフレがな・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカップ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環境で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った

  25. ジョン・スミス より:

    本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴーニャが一撃死、後続も勢いを見せず敗だった
    スタジムに響フンため息、どこからか聞こえる「はりイフが・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカッ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れてってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴローニャが一撃死、後続も勢いを見せず惨敗だった
    スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「やはりインフレがな・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカップ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環境で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴローニャが一撃死、後続も勢いを見せず惨敗だった
    スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「やはりインフレがな・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカップ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環境で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴローニャが一撃死、後続も勢いを見せず惨敗だった
    スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「やはりインフレがな・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカップ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環境で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴローニャが一撃死、後続も勢いを見せず惨敗だった
    スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「やはりインフレがな・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカップ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環境で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った

  26. ジョン・スミス より:

    本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴーニャが一撃死、後続も勢いを見せず敗だった
    スタジムに響フンため、どこからか聞こえる「はりイフが・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカッ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れてってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴローニャが一撃死、後続も勢いを見せず惨敗だった
    スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「やはりインフレがな・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカップ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環境で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴローニャが一撃死、後続も勢いを見せず惨敗だった
    スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「やはりインフレがな・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカップ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環境で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴローニャが一撃死、後続も勢いを見せず惨敗だった
    スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「やはりインフレがな・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカップ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環境で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴローニャが一撃死、後続も勢いを見せず惨敗だった
    スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「やはりインフレがな・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカップ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環境で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った

  27. ジョン・スミス より:

    本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴーニャが一撃死、後続も勢いを見せず敗だっ
    スタジムに響フンため、どこからか聞こえる「はりイフが・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカッ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れてってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴローニャが一撃死、後続も勢いを見せず惨敗だった
    スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「やはりインフレがな・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカップ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環境で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴローニャが一撃死、後続も勢いを見せず惨敗だった
    スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「やはりインフレがな・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカップ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環境で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴローニャが一撃死、後続も勢いを見せず惨敗だった
    スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「やはりインフレがな・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカップ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環境で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴローニャが一撃死、後続も勢いを見せず惨敗だった
    スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「やはりインフレがな・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカップ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環境で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った

  28. ジョン・スミス より:

    本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴーニャが一撃死、後続も勢いを見せず敗だっ
    スタジムに響フンた、どこからか聞こえる「はりイフが・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカッ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れてってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴローニャが一撃死、後続も勢いを見せず惨敗だった
    スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「やはりインフレがな・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカップ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環境で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴローニャが一撃死、後続も勢いを見せず惨敗だった
    スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「やはりインフレがな・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカップ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環境で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴローニャが一撃死、後続も勢いを見せず惨敗だった
    スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「やはりインフレがな・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカップ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環境で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴローニャが一撃死、後続も勢いを見せず惨敗だった
    スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「やはりインフレがな・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカップ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環境で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った

  29. ジョン・スミス より:

    本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴニャが一撃死、後続も勢いを見せず敗だっ
    スタジムに響フンた、どこからか聞こえる「はりイフが・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカッ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れてってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴローニャが一撃死、後続も勢いを見せず惨敗だった
    スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「やはりインフレがな・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカップ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環境で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴローニャが一撃死、後続も勢いを見せず惨敗だった
    スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「やはりインフレがな・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカップ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環境で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴローニャが一撃死、後続も勢いを見せず惨敗だった
    スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「やはりインフレがな・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカップ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環境で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴローニャが一撃死、後続も勢いを見せず惨敗だった
    スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「やはりインフレがな・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカップ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環境で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った

  30. ジョン・スミス より:

    本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴニャが一撃死、後続も勢いを見せず敗だっ
    スタジムに響フンた、どこからか聞こえる「はりイフが・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカッ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れてってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴローニャが一撃死、後続も勢いを見せず惨敗だった
    スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「やはりインフレがな・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカップ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環境で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴローニャが一撃死、後続も勢いを見せず惨敗だった
    スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「やはりインフレがな・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカップ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環境で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴローニャが一撃死、後続も勢いを見せず惨敗だった
    スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「やはりインフレがな・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカップ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環境で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴローニャが一撃死、後続も勢いを見せず惨敗だった
    スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「やはりインフレがな・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカップ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環境で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った

  31. ジョン・スミス より:

    本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴニャが一撃死、後続も勢いを見せず敗だ
    スタジムに響フンた、どこからか聞こえる「はりイフが・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカッ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れてってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴローニャが一撃死、後続も勢いを見せず惨敗だった
    スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「やはりインフレがな・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカップ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環境で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴローニャが一撃死、後続も勢いを見せず惨敗だった
    スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「やはりインフレがな・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカップ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環境で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴローニャが一撃死、後続も勢いを見せず惨敗だった
    スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「やはりインフレがな・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカップ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環境で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った本拠地、カントーで迎えたシンオウ代表チーム戦。先鋒ゴローニャが一撃死、後続も勢いを見せず惨敗だった
    スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「やはりインフレがな・・・」の声。無言で帰り始めるポケモン達の中、かつてのエースポケモン、ケンタロスは独りベンチで泣いていた
    ニンテンドウカップ98で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・それを今の環境で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ケンタロスは悔し涙を流し続けた。どれくらい経ったろうか、ケンタロスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って孵化マラソンをしなくちゃな」ケンタロスは苦笑しながら呟いた。立ち上がって伸びをした時、ケンタロスはふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したケンタロスが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように初代チャンピオン戦のBGMが響いていた。どういうことか分からずに呆然とするケンタロスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ケンタ、いよいよファイナルだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったケンタロスは目を疑った
    「ナ・・・ナッシー?」  「なんだぎゅうた、居眠りでもしてたのか?」
    「ラ・・・ラッキー?輝石はどうした?」  「なんだケンタロス、そんなアイテム知らんぞ」
    「フーディン・・・」  ケンタロスは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    ケンタロス スターミー サンダース ラッキー フーディン ナッシー
    暫時、唖然としていたケンタロスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    トレーナーから先鋒を命じられ、コロシアムへ全力疾走するケンタロス、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・
    翌日、ベンチで冷たくなっているケンタロスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った

  32. ジョンスミス より:

    この画像を開いたまま居間で寝落ちしてたww
    危ねぇwーーーー!!
    セーフ?セーフ!?

  33. ジョン・スミス より:

    見られて無いならセーフだぜ

  34. ジョン・スミス より:

    22の雰囲気が好きだな

  35. ジョン・スミス より:

    めーりん分が足りないよぅ
    さがしにいこう……

  36. 宇都宮帰命院 より:

    よし。例大祭行こ!!ッ

  37. 宇都宮・帰命院 より:

    今年の例大祭はペナルティが無くてよかったです。

コメントを残す

名前(空欄可)

本文(必須)

※コメント反映まで時間がかかる場合があります。
  • 週間人気記事