おすすめピックアップ!

【二次】パイズリ総合スレ( ゚∀゚)オッパイ!オッパイ!【画像】 その2

1
1


2
2

3
3

4
4

5
5

6
6

7
7

8
8

9
9

10
10

11
11

12
12

13
13

14
14

15
15

16
16

17
17

18
18

19
19

20
20

21
21

22
22

23
23

24
24

25
25

26
26

27
27

28
28

29
29

30
30

31
31

32
32

33
33

34
34

35
35


おすすめ新着記事
おすすめエロ画像・エロ動画・エロ同人
新着エロ画像・エロ動画・エロ同人
11 Responses to “【二次】パイズリ総合スレ( ゚∀゚)オッパイ!オッパイ!【画像】 その2”
  1. ジョン・スミス より:

    学校で孤立してるやつにありがちなこと
    ・笑わない
    ・怒っていると思われる
    ・女の子に話しかけると「俺はお前には全然興味ないんだぜ」という態度を取るが、ドキドキが隠せてない
    ・たまに遊びに誘われると、内心嬉しいのに「めんどくせぇけど仕方ないな」という表情をする。そして二度と誘われない。
    ・どこで食事してるかわからない
    ・休み時間は友達いないから、いつも寝てる
    ・他人の話を寝たふりしながら盗み聞き
    ・他人の話に笑いそうになって変な動きをして恥ずかしくなる
    ・本を読んで自分の世界を作る
    ・1人で携帯をいじってる。けどメールする相手なんていない
    ・国語の教科書の朗読で初めて声を聞く
    ・用事があるっぽい雰囲気を出しながら、まっすぐ帰宅する
    ・たまに話しかけてもなにを言っているのかわからない
    ・真面目だが学校はたまにサボる
    ・これらの書き込みを見て鬱になる

  2. ジョン・スミス より:

    ・コソコソ話が全部自分の悪口に聞こえる
    ・変な妄想をする「不良に絡まれてる同級生を助けて何も言わずに去っていく」とか「孤立しているのは自分が他人よりあまりにも優れているから話が合わない」とか
    ・話しかけようとするが結局できない。話しかけても聞こえない
    ・しゃべらな過ぎて、どのくらいの大きさの声でしゃべればいいかわからなくなる
    ・親には自分が孤独でないように見せかける
    ・暇なときは頭の中で歌をうたう。たまに鼻歌になってしまってキモがられる
    ・誤解されやすい。誤解されても訂正できない
    ・罰ゲームで話しかけられる
    ・ネットの世界の住人になってる
    ・授業でグループを作るときは最後まで残る
    ・何か話しかけられても「別に…」「何も…」等で会話が終了
    ・可愛い子に優しく話しかけられると勘違いする。それだけで1ヶ月は生きていける
    ・他の人を「群れてる」等と見下す
    ・高校中退→通信制入学→通わないまま時だけが過ぎ去る
    ・図書館の常連。図書委員に任命される
    ・昼休みが嫌い
    ・幼稚園のときが一番楽しかった

  3. ジョン・スミス より:

    はい以下通常進行で

  4. ジョン・スミス より:

    コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。

  5. ジョン・スミス より:

    コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合イプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。

  6. ジョン・スミス より:

    ぼっちニキと効率厨ニキは一体何が言いたいんですかね

  7. ジョン・スミス より:

    ぼっちニキの方はこんなところぐらいでしか構ってくれる人を見つけられないんだよ…

  8. ジョン・スミス より:

    最近ホント変なコメント多いなw

  9. ジョン・スミス より:

    長い。三文字で

  10. ジョン・スミス より:

    よし、三文字で
             飲みな。泣きな。生きな。

  11. ジョン・スミス より:

    23って、なんエロゲですか?

コメントを残す

名前(空欄可)

本文(必須)

※コメント反映まで時間がかかる場合があります。
  • 週間人気記事