おすすめピックアップ!

二次足コキ画像貼ってください!

1
1


2
2

3
3

4
4

5
5

6
6

7
7

8
8

9
9

10
10

11
11

12
12

13
13

14
14

15
15

16
16

17
17

18
18

19
19

20
20

21
21

22
22

23
23

24
24

25
25

26
26

27
27

28
28

29
29

30
30

31
31

32
32

33
33


おすすめ新着記事
おすすめエロ画像・エロ動画・エロ同人
新着エロ画像・エロ動画・エロ同人
16 Responses to “二次足コキ画像貼ってください!”
  1. ジョン・スミス より:

    いい年こいてアニメ見てるキモヲタて
    クラブとかパーティー行った事ねえんじゃね?
    だせえな

  2. ジョンスミス より:

    クラブやパーティー行ったこと有ったらダサくないって…
    中学生並みの感性か

  3. ジョン・スミス より:

    ちょっと待て!
    年下に興奮したらダメなのか!?

  4. ジョン・スミス より:

    売国奴糞食い豚只今発狂中wwwwwwwwwwwwwwww

  5. ジョン・スミス より:

    コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。

  6. ジョン・スミス より:

    コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。

  7. ジョン・スミス より:

    コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。

  8. ジョン・スミス より:

    コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相は(当時 相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。

  9. ジョン・スミス より:

    コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相は(当時 相性が不明だったフェアリーを除ば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。

  10. ジョン・スミス より:

    コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相は(当時 相性が不明だったフェアリーを除ば)弱点2・減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。

  11. ジョン・スミス より:

    コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相は(当時相性が不明だったフェアリーを除ば)弱点2・減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。

  12. ジョン・スミス より:

    個人的には抜けないかな。
    やはり手か口

  13. ジョンスミス より:

    ※4
    ギィィィwwwwwwwwwーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!(笑)

  14. ジョン・スミス より:

    最高

  15. ジョン・スミス より:

    最っ高うううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううう!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

  16. ジョン・スミス より:

    ※1
    くそでけぇブーメラン刺さってんぞ

コメントを残す

名前(空欄可)

本文(必須)

※コメント反映まで時間がかかる場合があります。
  • 週間人気記事