おすすめピックアップ!

【二次】本日の百合画像スレ

1
1


2
2

3
3

4
4

5
5

6
6

7
7

8
8

9
9

10
10

11
11

12
12

13
13

14
14

15
15

16
16

17
17

18
18

19
19

20
20

21
21

22
22

23
23

24
24

25
25

26
26

27
27

28
28

29
29

30
30

31
31

32
32

33
33

34
34

35
35

36
36


おすすめ新着記事
おすすめエロ画像・エロ動画・エロ同人
新着エロ画像・エロ動画・エロ同人
23 Responses to “【二次】本日の百合画像スレ”
  1. ジョン・スミス より:

    今回は持ってないのが多かった

  2. ジョン・スミス より:

    アッー

  3. ジョン・スミス より:

    イッー

  4. 名無し より:

    こういうスレはPIXIVの百合絵師探すのとかにも使えるからありがたい

  5. ジョン・スミス より:

    ウッー

  6. ジョン・スミス より:

    あら^〜

  7. 名無しる@ふわさん より:

    気持ち悪い…

  8. ジョン・スミス より:

    百合は咲き誇らずらずに咲いてる感じが好い

  9. ジョン・スミス より:

    自由主義万歳!百合万歳!
    極右的な異性愛を殲滅しろ!

  10. ジョン・スミス より:

    ※9
    先天性遺伝子障害の欠陥品のカタワがなんか言ってるよ笑

  11. ジョン・スミス より:

    コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。

  12. ジョン・スミス より:

    コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言るだろう。

  13. ジョン・スミス より:

    コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言るだろう。

  14. ジョン・スミス より:

    コア対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言るだろう。

  15. ジョン・スミス より:

    コア対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言るだろう。

  16. ジョン・スミス より:

    コア対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがトツキが公開された際は見た目や特性か防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言るだろう。

  17. ジョン・スミス より:

    コア対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがトツキが公開された際は見た目や特性か御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言るだろう。

  18. ジョン・スミス より:

    コア対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなるタイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがトツキが公開された際は見た目や特性か御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言るだろう。

  19. ジョン・スミス より:

    コア対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがトツキが公開された際は見た目や特性か方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言るだろう。

  20. ジョン・スミス より:

    コア対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがトツキが公開された際は見た目や特性か方面の活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言えるだろう。コアな対戦者なら一度は発想したことがあるであろうはがね/ゴーストの複合タイプだが、この複合タイプは進化前のヒトツキが初めてとなる。タイプ相性は(当時相性が不明だったフェアリーを除けば)弱点2・半減8・無効3という脅威のもの・・・と思われていた。
    ところがヒトツキが公開された際は見た目や特性から防御方面での活躍は難しいだろうという声も聞かれるようになり、さらに後に公開された情報に「はがねタイプに対するあくタイプとゴーストタイプの攻撃が等倍になる」というものがあり、ゴーストタイプを複合しているヒトツキは元ははがねで相殺される筈だったゴーストタイプの弱点が丸出しとなってしまうということになった。
    とはいえ、それでも上記のように耐性の数は十分多く、それでいて恵まれたタイプの分だけ能力が弱いというようなこともなかった。また、敵のはがねタイプに対して自身のもう1つのタイプであるゴーストタイプが通りやすくなったので一概に悪いことでもはない。さらに進化系のギルガルドはご覧の通りの種族値であるため、不一致弱点ぐらいなら楽に耐えてしまう。結果的に良いタイプ相性と能力値を手に入れたポケモンと言るだろう。

  21. ジョン・スミス より:

    あからさまに妙なのがわいてるな
    管理人アク禁よろしく

  22. ジョン・スミス より:

    おい
      4月も半ばだぞ
             なっ

  23. ジョン・スミス より:

    沙織さんの絵好きだなー

コメントを残す

名前(空欄可)

本文(必須)

※コメント反映まで時間がかかる場合があります。
  • 週間人気記事