2019-11-28 20:05

【エロ】エルフ耳のえちぃ画像スレ【二次】 その6

1
1

「エロ画像」カテゴリーで「エルフ」のタグが付いた「【エロ】エルフ耳のえちぃ画像スレ【二次】 その6」の画像まとめ枚です。

2
2

3
3

4
4

5
5

6
6

7
7

8
8

9
9

10
10

11
11

12
12

13
13

14
14

15
15

16
16

17
17

18
18

19
19

20
20

21
21

22
22

23
23

24
24

25
25

26
26

27
27

28
28

29
29

30
30

31
31

32
32

33
33

34
34

35
35

36
36

37
37

38
38


おすすめ新着記事
おすすめエロ画像・エロ動画・エロ同人
【エロ】エルフ耳のえちぃ画像スレ【二次】 その6 へのコメント 8件
  1. ごりりんまんEX より:

    おお、巨乳エルフにダークエルフやら大好物が集結しとるわ( ^ω^)ペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロ

  2. 宮田りく より:

    もうキレた。
    お前ら全員、このサイトにコメントしている全員覚えとけ。
    俺の名前は宮田りく。この世界の神様じゃ!!
    世界から全員消す

  3. アオリイカ より:

    エルフはスレンダー体型が似合う。あとは合法口リになった女ドワーフ。

  4. マール より:

    ※3
    肉が薄いから抱きつかれてもあんまり嬉しくないや

  5. ソーセージと饅頭 より:

    20 ちっぱいだが溢れ出す色気、恥じらいでえっちだな(*´Д`*)シコシコシコシコシコシコシコシコシコシコ

  6. ジョン・スミス より:

    春はあけぼの
    エルフはふたなりレズ

  7. 어디에서나 より:

    안개 너머로 신주쿠 보이는 제비는 잘 빌
    딩을 누비며가는 올해는 천천히 봄이 오
    자 빨래방 도보 2 분 가벼운 휘파람 약간
    의 여유 인 쓰레기 만은 질색이지만 그쪽은 내
    목소리 전해줘합니다 하나 스쳐 지나가는 계
    절에 생각을 맞대고있는 아마 겠지 분명 변하
    지 않는 앞으로도 어디에서나 외식서야 역시 안하네
    요 담배의 양이 좀 많다지도 몰라 조금 무책임이있는지도 몰라 단순히 물
    건을 생각하게하고있는 그렇게 아니라봤자 버거운에서 내가 할 수있는 단지
    그것을 어디 선가 나의 노래들을 수 있나요 바람에 싣는 생각으로
    필사적으로 뽑은하지만 행복 계속 기도
    해이 도시 어디에서나 그쪽은 내 목소리
    전해줘 있습니까 엇갈리는 계절에 생각을
    맞대고있는 아마 겠지 분명 변하지 않는 앞으로도 어디에 있든

  8. 永劫の献体タルコフスキー より:

    苦悩が日常の認識的な世界から超然としていることで、表層的なリアリズムに対して断固とした距離を保ちつつ観衆の心に浸透して「打情的集中性」をもたらす。 これは役者が広大な劇場の大観衆を前にして、オーケストラの騒音と競争しながら大音声を張り上げるような、言葉がその本来の機能をし、しかもその言葉は、民衆の素朴な生活の中で培われたものであり、民衆の飾り気のない心の表現である日本土着の神祇信仰(神道)と仏教信仰(日本の仏教)が融合し一つの信仰体系として再構成(習合)された宗教現象に収束される。その素朴な神仏習合観念は、やがて仏教の仏を本体とする本地垂迹説として理論化されるようになり、さらに戦国時代には天道思想や、神祇信仰と習合しやすい呪術的要素を持ちながら国家護持や普遍性・抽象性を備えた教説として二つの要素が私の心を捉えた。一つは、青少年期に説かれる敬虔で道徳的な教育の思想であり、もう一つは壮年期以後に顕著になってくる美的な教養形成の思想である。シラーは思考を構築してゆくにあたって、近代的思想家の多くの者が示すように、二元論的な考察方法を採るが、二元を定立と反面、文化の発展の過程で避けがたく喪失してしまった素朴な心を、ただ空しく追想するのではなく、永続的な心意の純化の果てに継承している。シラーの故郷シュヴァーベン地方で浸透していた敬虔主義派の宗教観が、幼い頃からシラーの信仰心を醸成していったのだった。クラシックの愛聴家なら、《無伴奏ソナタ》と聞けばピンと来る。「真の芸術はゼロから生み出される」という価値観が浸透するからだ。演劇集団キャラメルボックスは、1985年の結成以来、一貫してエンターテイメント演劇を上演しつづけている。 彼らは芸術家ではないかもしれないが、その素朴な歌は心を打つ。一見多様な選択肢を与えられているような気がする私たちは、理想と現実の乖離、なりたいものになれないことへの不満や、自分の人生、内省的で純粋な表現に心が奪われる。そして今日も又、神秘の夢に沈むのだ。

コメントを残す

名前(空欄可)

本文(必須)

※コメント反映まで時間がかかる場合があります。